アクセス向上するなら検索結果1位を狙うべし


アクセス数を集めるにはGoogle(グーグル)の検索結果でターゲットキーワード1位を狙わないといけない。
2位以下はもちろん2ページ目以降は見向きもされない。
SEO対策はそのために頑張る。
そんなことを裏付けるデータが発表されました。
Internet Marketing Ninjas(インターネット・マーケティング・ニンジャズ)社が2017年に公開した、グーグルの検索結果におけるクリック率(CTR)に関する詳細な調査レポート。
順位は次の通り。

検索結果順位別クリック率ランキング

1位:21.12%
2位:10.65%
3位:7.57%
4位:4.66%
5位:3.42%
6位:2.56%
7位:2.69%
8位:1.74%
9位:1.74%
10位:1.64%
11位:1.46%
12位:1.80%
13位:1.42%
14位:1.23%
15位:1.43%
16位:1.42%
17位:1.29%
18位:1.05%
19位:1.75%
20位:1.26%

検索結果2ページまでを狙おう

予想通り、検索結果1位に表示されるとダントツのクリック率、2位でもかろうじて2桁。
しかし3位以下は1桁台で、8位以降は1%代と極端に低い。
意外にも2ページ目である11位から20位についても1%代は保たれているということは確率は低いが望みはあるといった感じです。

さらに意外なことに、検索結果の25%から30%はまったくクリックされないという、厳しい現実も発表されている。

難しいですね。

おすすめの記事